メンタル

目的をはっきりさせよう

テニスに対する考え方や目的は人それぞれです。
将来プロを目指す人もいるでしょう。
プロは目指さないけど、部活の大会で勝ちたい。
趣味の愛好家だけど、草大会に出て勝ちたい。
試合に出るつもりは無いけど、楽しくテニスがしたい。
健康のためにテニスがしたい。
etc・・・

目的は、何でも良いと思います。
しかし、それによってやることが変わってくるので、しっかり意識しなおしておくことは大切だと思います。

例えば、よく「羽子板サーブは良くない」と言われます。
しかし、本当に全ての人に対して良くないのでしょうか?
ここでは、羽子板サーブがよくないという中身については割愛しますが、
単にサービスコートに入れるだけなら、羽子板サーブで上向に打つほうが楽です。
何も、イースタンやコンチネンタルである必要もありませんし、
回転をかける必要もありません。

もちろん、それでは速いサーブは打てませんし、相手がうまいと打ち込まれます。
ですが、そういう環境で試合をすることのない人で、
自分がそのプレーに満足していれば、それで良いのではないでしょうか?

私の友人で月1〜2回程度しかテニスをすることのない人がいます。
そして、レベル的にも決して高くないサークルに所属しています。
本人は楽しんでいるし、本人なりに上達しています。
「楽しくテニスをする」ことが目的なら、それで良いと思います。

もちろん、どんなことでも、そうですが、深く知ることでより楽しさを知ることはあります。
例えば、私は野球もやったことがありますが、盗塁技術は非常にお粗末です。
逆にチームの韋駄天男は走りまくっています。
私も盗塁技術を身につけていれば、もっと野球を楽しめたことでしょう。
出来るからこそ、わかる楽しさもあります。

ですが、それを得ようとするかどうかも本人次第なんです。
「別に、そんなもの知らなくても良いよ。」という人は、それで良いでしょう。

ですが、試合で勝ちたいという目標を持ちながら練習をしないとか、
そういうことになれば、目的が達成できません。
ですから、目的意識を持って、テニスをすることが大切だと思います。

2007年01月10日 18:32